今日もperlMagickのインストールでこける。 ソースからのインストールで回避。 wget ftp://ftp.uni-siegen.de/pub/CPAN/authors/id/J/JC/JCRISTY/PerlMagick-6.54.tar.gz tar xvzf PerlMagick-6.54.tar.gz cd PerlMagick-6.53 perl Makefile.PL make make install

Docker0.8でコンテナのApacheに接続する

http://d.hatena.ne.jp/mainyaa/20140210/p1 を参考に、homebrewからインストール。 [~] boot2docker ssh でログイン パスワードはtcuser [~] ssh docker@localhost -p 2022 でもいける。 これはTiny Core Linux。 Dockerのコンテナでない。 docker@boot2docker:~$ docker このdockerコマンドはmacでもTiny Core Linuxでも実行可能。 せっかくなのでmacからやる [~] docker search centos 色々ある docker pull tchap/centos-epel [~] docker pull tchap/centos-epel Pulling repository abilash/centos 306924c405e6: Pulling…

~/.vagrant.d/boxes/ に落としてきたBOXが保存される ~/VirtualBox\ VMs/ 初めてvagrant upしたらここにイメージファイルができる。 これができてしまえば二度目のvagrant upはベースとなったBOXを削除してても動く (プロジェクト)/.vagrant/machines/default/virtualbox/id を削除すると新規でimageファイルができる。但しVAGRANT_HOSTは変更しておかないとエラーでる。 ということは、このidさえ維持しておけば cp -r (プロジェクト)/ (プロジェクト2)/ で同じイメージファイルが操作できる vagrant destroy をせずに rm -rf (プロジェクト)/ してしまうと、~/.vagrant.d/boxes/ に数ギガのイメージファイルが残ったままになる VAGRANT_HOSTとBOX名が混乱する。 BOX名はbox_とか接頭語つけとくか。

やけくそで色々試してたらなおった。 # codesign -d –entitlements – hoge.app <dict> <key>application-identifier</key> <string>757JKT8PHV.jp.co.company.hoge</string> <key>get-task-allow</key> <true/> <key>keychain-access-groups</key> <array> <string>757JKT8PHV.jp.co.company.hoge</string> </array> </dict> aps-environmentに値がない。 やった事 – Xcodeでcode signingのDebugををiOS developer以外に変更 – http://stackoverflow.com/a/11084769 の通り – Organizer立ち上げる→Editor→Provisigning Profile→Import – XcodeでBuild Clean とれるようになった。

$ pythonbrew install 2.7.2 Downloading Python-2.7.2.tgz as /home/favory/.pythonbrew/dists/Python-2.7.2.tgz Installing distribute into /home/favory/.pythonbrew/pythons/Python-2.7.2 ERROR: Failed to install setuptools. See /home/favory/.pythonbrew/log/build.log to see why. Skip installation of setuptools. Installed Python-2.7.2 successfully. Run the following command to switch to Python-2.7.2. Python自体入るけどpipが使えない。 yum install…

t = time.time() t_str = time.strftime(“%Y-%m-%d_%H-%M-%S”, t)

model.py from django_mongodb_engine.contrib import MongoDBManager class Sitedata(models.Model): db = MongoDBManager() view.py sitedata = Sitedata.db.raw_query({‘member_ids’:{‘$all’:[ObjectId(member.id)]}}) from bson.objectid import ObjectId ObjectIdを扱うにはimportするのを忘れずに。 引数はディクショナリで文字列ではない。

itemsを入れる。 {% for s,v in sitedata.items %} {{ v.ico }} {% endfor %}

When you try to set up Django admin with Mongo, You’ll see the message like “AutoField (default primary key) values must be strings representing an ObjectId on MongoDB (got u'1' instead). Please make sure your SITE_ID contains a valid ObjectId…

Herokuコマンドで鍵をid_rsa.pubに追加。 git push heroku firstdev Permission denied (publickey). fatal: The remote end hung up unexpectedly ↓ heroku keys:add ~/.ssh/id_rsa.pub Uploading SSH public key /Users/takashiaoki/.ssh/id_rsa.pub… done